【企業ニュース】アウスレーゼの人材理念

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウスレーゼは人材を優先的資源としている

今まで、アウスレーゼは社会全体の従業員が各自のポテンシャルを最大限に発揮できるような環境を作るために、公平、競争、激励、高効率という人材活用体系を目指しています。

 

人材採用

採用原則:平等な競争、厳密な審査、優秀な者の優先採用、双方向選択
アウスレーゼは地域に制限されることなく、50%以上の作業員が全国各地から集まったなどという合理的な人材活用体系を構築しました。毎年、全国各地における就職面接会に参加するほか、常にインターネットを通じて積極的に人材採用にも取り組んでいます。現在、会社の従業員数は800人以上在籍し、その中で中専・高専卒以上の従業員は430人以上、職名が中・高級の従業員は60人、職名が初級の従業員は100人以上です。また、自社の規模拡大や市場開拓として、企業発展の経営戦略に応じて自社の位置づけを確定するなど着実に会社の基礎を固めています。
 

人材活用

活用原則:競争・審査体系を構築、若い人材を大胆的に採用する
アウスレーゼにつとめるマネージャーはすべて大学卒業後、当社の現場で長年鍛えてきて初めて、現在の職位に昇進した優秀な若者です。シフト勤務、交替勤務、抜擢など枠にとらわれずに様々な方法を使用して、抜群な若い管理者の育成に力を入れています。
 

人材育成

育成原則:従業員の特徴や能力に応じて、基礎育成、専門知識育成、深化育成を行う
競争の激しい市場及び速やかに発展している科学技術に応じるために、当社は育成方法についていろいろと思案をめぐらしてきましたが、国内外のエキスパートや学者を自社に招いて学術レポートやシンポジウムを行なったり、当社の重要となる人物を重点学校や研究機関に派遣して育成を受けたりするとともに、兼職として会社の管理スペシャリスト及びベテラン技術者を招いてコースを開くなど、従業員の育成を多様に展開しています。
 

人材激励

激励原則:需要を分析、そして満足させる
当社は惜しまず資金を投下して寮として使用される現代化ビル、食堂及び健康的な娯楽室を修築し、従業員全体に快適な仕事・生活環境を与えるとともに、従業員が将来に対する不安も考慮の上、安心させるよう年金、医療保険、失業保険、出産保険、商業保険の制度を採用しました。毎年、従業員の旅行や海外学習も不定期的に行っています。また、従業員全体の積極性を向上させるために、給与や選抜に直接関わる厳密な審査を手がけています。
アウスレーゼは常に従業員一人一人の需要を考え、「誰にも平等」の環境を目指しています。
 

情けあるこそ人材を保有し続けられる

アウスレーゼは求心力と結束力のある、人間本位を重んじる企業文化を築いているうちに、既に和やかで積極的な人間関係・仕事環境を作りました。そのため、従業員たちのアウスレーゼへの思いと帰属意識が強いのです。また、従業員各自の才能を十分に発揮させるべく、常に一人一人の成長に注目し、シンポジウムを通じて様々な意見や提案を集めています。従業員が将来に対する不安も考慮の上、安心させるよう、政策の許す範囲であらゆる方法を講じました。このように、「家族の暖かさ」の溢れる組織の中で、会社全体が情熱を込めて優れたものを提供しています。